Git 無視するファイルの指定方法(.gitignore)

categories Git, IT関連 | Tags: | scot_exist | datetime 2010年12月31日 00:00 | コメントは受け付けていません。 | Save & Share

Git において、リポジトリ管理対象から特定のファイルを除外する方法を紹介します。

はじめに Git のローカルリポジトリのルートに「.gitignore」ファイルを作成します。
「.gitignore」ファイル内は次のように記述する事が出来ます。


# ファイル名が「.cache」で終わるファイルを無視する場合
*.cache

# 特定ディレクトリ配下のファイルはすべて無視する場合
tmp/

# トップディレクトリの「.cache」で終わるファイルだけ無視する場合
# この場合「/」は「.gitignore」ファイルのディレクトリから相対パスで評価されます。
/*.cache

# 「.cache」で終わるファイルは無視するが「juuyo.cache」だけは無視しない場合
# 「!」で始まる設定は、無視するファイルから「除外する」と言う意味になります。
*.cache
!juuyo.cache

# 「.cache」で終わるファイルは無視するが
# 「directory」ディレクトリ配下の「.cache」で終わるファイルは無視しない場合
*.cache
!directory/*.cache



「.gitignore」ファイルにマッチしたファイルがGitのリポジトリの管理対象から除外されます。

既にステージング(git add)してしまったファイルを除外するには

「git add」したファイルを取り消すには下記のコマンドを利用します。

$ git rm --cached ファイル名

「–cached」を指定する事で、実ファイルは削除されません。


入門Git

ページTOPへ